忍者ブログ
タップダンサー景山恵の気ままなページ。                            か な り 極論・自論・毒舌・過激、な文が飛び交いますが、     それでも読んでやるか!という方はご覧くださいまし。             コメントもお気軽に(^^)
[179]  [177]  [174]  [173]  [172]  [170]  [169]  [168]  [167]  [166]  [164
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

「メグは自分の踊りに対して自信があるんだね。」

とあるタップダンサーK氏と、けっこうきわどいやりとりをしていて、そんな話になった。
その彼は 「自分には絶対的な自信はない」 「常に人の評価が気になる」 そうです。

私は・・・結果から言うと、「自信がある:ない=7:3」 くらいの割合か。
・・・ハイ、相変わらず細かいですね(笑)


まず 『自信がある』 ほうの言い分。

タップの世界を築くのは、あくまでも自分自身
自分にある意味自信、というか、やっている事に確信なりメッセージなり、
何かしらの強いものを持っていないと、伝えようにも何も伝わらないはず。
相手を伺ってばかり、あるいは顔色を見ながら演じるのでは順番が違う と思うのです。
まずは自分自身というものを 「発信」 しないと!
私は、特別ステップが早く打てるわけでも、特別難解なステップを踏めるわけでもないのですが、
自分の理想の世界は持っています。
それが、私の言うところの 「自信」 でしょうか。

良いか悪いか。
好きか嫌いか。

それを判断するのはお客様であり、ダンサーはダンサーの世界を築く事が仕事でしょ。
そうでなきゃ見ている方も判断出来ないですよね?
そりゃ、私だって人の評価は気になりますよ。
でも、順序、というものがあります。

もちろん、この 「自信」 って、おごり高ぶったものではなく、あくまでも、私なりに考えてきた自分のものを持ってる、という事です。もちろん、まだまだまだまだ掘り下げ中です。
・・・確かこのようなニュアンスの事を博品館が終わった後にも書いてますね・・・。
そういえば4月にも似たような題名で書いてますね・・・。


『自信がない』 のほうの言い分としては・・・

『自信がない』 のとはちょっと違いますが、
不安なのはいつも・・・常に不安です。
常に暗中模索、です。
自分の考えがうまくまとまらないと、押しつぶされそうになります。
時にはこの状態が数か月続くこともあります。
で、いざ、自分の考えがまとまってきたら、今度はそのイメージを練り上げていく作業が待っています。
完成した!と思っても、次々に問題やら欲が出てきて、全然キリがないのです。
結局、イメージ通り100%踊れたためしはないのですが、いかに自分の描いている理想像に近づけられるか。
そこの所に私はとても執着するのです。
なので、『自信がある、ない』 というよりも、『常に必死』 という感じですね。

そう、今言葉にしてみて自分でも気づいた感じですが 『常に必死』。

冒頭に7:3で自信がある、と書きましたが、
「自信がある・ない・探る意味での人目がどうのこうの」 
そんな事を考えながら踊ったことはない、というのが一番近い答えなのかな。
ただ、人に聞かれたら、以上の理由から 「7:3」 だと答えます。


とにかく精一杯やるだけです。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Calendar
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
[12/16 purple]
[11/01 purple]
[10/07 斎藤]
[07/02 purple]
[05/07 Tam]
Profile
HN:
Meg
性別:
女性
Birthday:
09/21
職業:
タップダンサー
Hobby:
     登山、スキー、グルメ、旅行、音楽鑑賞、PC、料理、Shopping            …まだあるな~(笑)
etc...
        → 詳しくはLinkの項より、
         別途運営するサイトを
         ご覧ください(^^)
Blog内検索
忍者ブログ [PR]