忍者ブログ
タップダンサー景山恵の気ままなページ。                            か な り 極論・自論・毒舌・過激、な文が飛び交いますが、     それでも読んでやるか!という方はご覧くださいまし。             コメントもお気軽に(^^)
[297]  [296]  [294]  [293]  [292]  [291]  [290]  [286]  [289]  [288]  [287
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

結婚に於いて

どうも女性にとって不利だったり、不都合が生じたりする・・・って感じるのは私だけ??

結婚して、子供が産まれたら、家事&育児って、圧倒的に女性の負担が大きいのでは?
私にとっては、そんなの、とんでもないことダ!

そして、たとえば、結婚してどっちの姓になるかって。
有無を言わせず、というか、暗黙の了解で男性側の姓になる率がほとんどなのでは?

誰だって自分の今まで育ってきた名前を変えたいなんて思わないんじゃないかな?

女性が社会進出が当たり前の今、こんな事に悩む女性は結構いるのでは?
ステイタス、自分が積み重ねてきた道、自分の柱・・・
・・・その全てを一瞬にして別人にしてしまうなんて、私には到底無理!

夫婦別姓法案が、来年やっとこさ審議されるようですが (遅い!!)
何かしら結論がでるのは、相当先の話では、と。

夫婦別姓を 「行き過ぎた個人主義」 という安易な言葉で片付けてしまうノータリンもいるようだが、
そもそも、本当に 「行き過ぎた個人主義」 で、なんでもやってしまう人なら、結婚なんて不要なはずです。

でも、そうじゃない。結婚したいんだから。

常に女性側が折れて、夫に捧げなければ 「個人主義」 と呼ばれてしまうなんて、おかしいではないか。
民法750条では 「どちらかの姓を名乗る事」 となっている。
だったら。
男性側が女性の姓を名乗ってもいいのでは?

家族の一体感が薄れる、という声もあるだろうが、ぶっちゃけ、同じ姓を名乗ってたって、
不仲な夫婦もた~くさん存在し、離婚する時は離婚する。

というわけで、そんな事は取りに足らない。

相続の問題とかも出てきますが、遺言さえしっかりしておけば。

『そんな事で』 って思うかもしれませんが、私にとっては重要な事。
まあ、気にしない人はどうでもいいのでしょうけど。
ていうか、『そんな事で』 って思った方は、ぜひ逆の立場になって考えてみては?

世の中には色んな考えの人がいる。
それを知って欲しい。
常識もそれぞれ。
何にプライオリティーを置くかなんて、ホント、千差万別。
女性だって、母性本能が薄い人もいれば(私の事)、男性だって育児したい人だっている。


夫婦別姓。
現状では 「事実婚」 しか道はないようですね。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Calendar
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
[12/16 purple]
[11/01 purple]
[10/07 斎藤]
[07/02 purple]
[05/07 Tam]
Profile
HN:
Meg
性別:
女性
Birthday:
09/21
職業:
タップダンサー
Hobby:
     登山、スキー、グルメ、旅行、音楽鑑賞、PC、料理、Shopping            …まだあるな~(笑)
etc...
        → 詳しくはLinkの項より、
         別途運営するサイトを
         ご覧ください(^^)
Blog内検索
忍者ブログ [PR]