忍者ブログ
タップダンサー景山恵の気ままなページ。                            か な り 極論・自論・毒舌・過激、な文が飛び交いますが、     それでも読んでやるか!という方はご覧くださいまし。             コメントもお気軽に(^^)
[344]  [343]  [341]  [340]  [339]  [338]  [335]  [334]  [333]  [332]  [331
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

あるべきです。

ダンスやらの舞台を見に行くと、ありがちなのが、『センターはいつも同じ人』

私はコレが嫌い。

明らかに経験不足や基礎がなってない人は論外ですが、ある線を越えた人には、一律チャンスがあって然り、と考える。

だってサ、色んな舞台観てると、センターが必ずしも上手いわけではなく・・・っていうのとか、
いつ何どきでも、どの曲でも先生がセンターの公演とか。
これはダンスに限らず、各界の、あらゆる舞台全般にあることですが、
裏事情を知る者として、金づるで良いポジションを得てる場合もあり。

こういうのって、何だろね?

曲によって、「こういう曲はこの人が上手いから」 とか、
踊れる子は、踊る場面の時にメインで、とか。
リズム感良い子は、その感覚が欲しい所でメインで打ってもらうとか。

いろいろあって当然だと思う。

しかも、いつも同じ人しかセンターを味わえないンじゃあ、他の人のモチベーションも下がるしね。
しかも、カネで動いてる場合、そんなことして良いポジション得て、どうして精神的に満足出来るのか不思議。
むなしくならないのかね??


こんな事を思うようになったのには、私の過去にそういう経験があったからです。
あ、カネじゃないですヨ、念のため(笑)

ひと昔、当時いた団体では、必ず、と言っていいほど、特定の人物がセンターで踊っていた。
その人は、確かに上手だし、卒なく踊る。
だが、特別抜きんでて上手いわけではなく、個性がない。
先生のお気に入りだったらしく、とにもかくにもいつもセンター。
まあ、それがトップのやり方だから、今考えると、逆らう私もアホだったけど、
当時私は、反発心から 「センター」 にこだわり続けた。
しかも、その他にも、私はチビだから、かなりやるせない思いをした。
その先生は、背の大きい人が好きだったから。
背が大きいほうが、大きく踊れる、という風に思いこんでいた人だったから仕方ないけど。
私はがむしゃら頑張ったけど、まあ、報われる訳もなく。
・・・まあ、当然苦しくなって、後にその団体からはすぐに抜けたのだが(^_^;)

そう。
そのころ悟ったのは、背が大きかろうが、小さかろうが、出すオーラや、踊り方でそんなの全く関係なくなる。
まあ、ラインダンスのように、見てくれを揃える必要のある演目は別としてね。
とにかく上手い人、目を引く人って、どこのポジションでも光っているし、おのずと目を引くものなんだなって。

でも、だからって、50人くらいの群舞でいつも一番後ろで踊らされてたら光るもクソもないですからね。
そういう意味で、チャンスは均等にあるべきだと思うのです。

そして、チャンスさえ均等なら、ダンサーは、与えられたポジションを精一杯やればいいのです。
センターであろうと、なかろうと、前だろうと、後ろだろうと。

あえて目立とうとするとイヤミだし、痛々しく見えるでしょう。
そうでなく、ドンドン自分らしさをぶつけていってください。

曲とステップと魂が一致した時に、それはそれは素晴らしいものになるはずです。

そのためには、ものすごく一つ一つを丁寧に練習する必要がありますね。
やみくもではなく、頭を使って意味のある練習をする必要もあります。

それはそれは、根気のいる作業です

何よりも、自分自身に悔いが残らないようにしないとね。
うわっつらや表面上で見せかけの満足、ではなく、真髄から、心の底から満足したいですよね。

そして、与えられたチャンスは最大限生かさないと損です。
これは、ダンスだけの事ではないと思います。

一緒に頑張りましょう!
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
ハイ
KEI 2010/05/21(Fri)23:26 編集
Re:無題
お、そうこなくちゃ!
期待してるよーー(^ー^)v
Meg 2010/05/24(Mon)09:34
Calendar
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
[12/16 purple]
[11/01 purple]
[10/07 斎藤]
[07/02 purple]
[05/07 Tam]
Profile
HN:
Meg
性別:
女性
Birthday:
09/21
職業:
タップダンサー
Hobby:
     登山、スキー、グルメ、旅行、音楽鑑賞、PC、料理、Shopping            …まだあるな~(笑)
etc...
        → 詳しくはLinkの項より、
         別途運営するサイトを
         ご覧ください(^^)
Blog内検索
忍者ブログ [PR]