忍者ブログ
タップダンサー景山恵の気ままなページ。                            か な り 極論・自論・毒舌・過激、な文が飛び交いますが、     それでも読んでやるか!という方はご覧くださいまし。             コメントもお気軽に(^^)
[526]  [525]  [524]  [523]  [522]  [521]  [520]  [518]  [517]  [516]  [515
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

今年最後のたわごとかな(笑)

素晴らしい芸術って、なんだろね。

「良いものはイイ」 んですよね、私の中では。

「ちょっとは技術がある」、とか、「あ~、どうかな~?好きな人は好きなんじゃね?」
なんてレベルのものではなく、
圧倒的に素晴らしいものは有無を言わせない
それは、もう、「好みの問題」、なんているレベルを越しているのだと思う。

逆に、
技術だ、なんだかんだを通り越して人を引き付ける人がいる のも事実。
オーラというのか、生きざまと言うのか。
変に技術を持ってたり、
根拠のない自信を持っている人よりも、
こういう類の人の方が感動を呼ぶのは言うまでもない。

なんだろうな。
上手く言えないけど。
純粋な心が見えるというか、イヤミがないというか、一生懸命が見えるというか、方向性がちゃんと見えるというか。
芸術って、こういう 
「魂」 の表れ なんですよね。

「圧倒的に素晴らしい人」 は、ほんの一握りだとしても、
「こういう素晴らしい人」 は周りには結構いるのです。
プロでもアマでも。
(あ、ちょっと失礼な発言かしら?しかも自分も棚に上がってるしネ。笑)

でも、ナゼだか、 
「そういう人素敵な人」 こそ謙虚で自分を卑下する。
生徒であれば、そういう心ある人を私は育てたいし、少しでも自分に自信も持ってもらいたい。
プロのパフォーマーであれば、心から応援したい。

そして、
根拠のない勘違い自信家ほど大きく出る。
・・・ま、私に実害はない限り、見ててオモシロイので別にいいですが、鼻にはつきますよネ(^^;)
きっと気づかないんでしょうね~。
そういう類の人はメンドクサイので、ノータッチです。笑ってスルー(笑)



悪口ではなく、人を分析するのも勉強です。

「何が良いから素晴らしいパフォーマンスになるのか」
「何が悪いから鼻につくパフォーマンスになるのか」

等、客観的に他人を見て、見る目を養うのは大切だと思うのです。

色んな事を踏まえて芸を深く掘り下げて、
自分の表現したいものが、どうやったら伝わるのか。
なんだかんだ言って、自己満足ではなく、お客様あってのパフォーマーですしね。
伝わらなきゃ、意味がないのです。
色んな足りない要素たち、欠点を見つめなおし、
深めて行かねばね・・・!

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Calendar
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
[12/16 purple]
[11/01 purple]
[10/07 斎藤]
[07/02 purple]
[05/07 Tam]
Profile
HN:
Meg
性別:
女性
Birthday:
09/21
職業:
タップダンサー
Hobby:
     登山、スキー、グルメ、旅行、音楽鑑賞、PC、料理、Shopping            …まだあるな~(笑)
etc...
        → 詳しくはLinkの項より、
         別途運営するサイトを
         ご覧ください(^^)
Blog内検索
忍者ブログ [PR]