忍者ブログ
タップダンサー景山恵の気ままなページ。                            か な り 極論・自論・毒舌・過激、な文が飛び交いますが、     それでも読んでやるか!という方はご覧くださいまし。             コメントもお気軽に(^^)
[908]  [907]  [906]  [904]  [903]  [902]  [901]  [898]  [899]  [897]  [896
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

を聴いてきました。


マリンバ奏者の吉岡孝悦さん、という方が中心となった合唱と打楽器の演奏会で、
打楽器のみの演奏、小学生の合唱団、女性合唱団、
そして私の父が所属する合唱団も歌いました。
 
この合唱団は、いつも宗教音楽を主として歌うのですが、
今回は作詞:生野毅さん、作曲:吉岡孝悦さんの
SFチックな詩とメロディーを歌い、違った一面が聞けて面白かったです。
 
で、本格的なマリンバの演奏を初めて聞きましたが、楽しいですね(*^。^*)
打楽器のみの4人のアンサンブル。
一人で色んな打楽器を演奏するので、4人でざっと50種類もの打楽器を演奏しているそう。
 
色んなメロディーとリズムが入り乱れ、後からかぶさり、空間に広がり、とても興味深かったです。
でも、色んな曲がありましたが、私個人的には前衛的な不協和音よりちゃんとハーモニーや脈絡のある音楽が好きです(^^)
 
吉岡さんが 「モーツァルトの曲はどの曲聞いてもモーツァルトっぽいし、バッハの曲はどの曲聞いてもバッハっぽい。でも僕はそういうのはいやで、どの曲も違う感じにしたい」 とおっしゃってました。
 
そう言うだけあって、舞曲、色んな詩に合わせたもの、協奏曲、混声合唱の伴奏・・・どれもそれぞれのカラーがあって聞きごたえありました。
 
タップもそうですが、一人の人が作る作品やジャンルって、やっぱり似通うんですよね。
でも、逆に似通うから「その人らしさ」という個性が出て来て私は良いと思うのですが?
 
勘違いされやすいのは、例えば「ボサノバでもswingでもレゲエでもファンキーなのでも
みんな似通ったステップを当てはめてしまう、」って、そういうのは「その人らしさ」
ではなく、ボキャブラリーが足りないだけ。
そういうマンネリの意味での「どの曲も同じ」っていう事ではなく、
どの曲も曲に合ったムーヴメントやステップやリズムを作れて
その上でにじみ出てくる「その人らしさ」が個性となって人々の心に残るのでしょうね。
本来の意味での「その人らしさ」ってそういう事でしょうね。
  
だから、私は「その人らしい」って返って素敵な事なんだと思うのです。
 
バッハがバッハたるように、
私も 「私らしい」 ダンサーでありたいです(^^)
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
めぐちゃんはめぐちゃん
めぐちゃんは、めっちゃ、「めぐちゃん!!」ですね。もしわたくしがめがみえなくなっても、たくさんの音のなかからめぐちゃんのタップわかります。またもし耳がきこえなくなっても、踊り方でめぐちゃんのタップわかります!!
purple 2016/11/01(Tue)02:17 編集
Re:めぐちゃんはめぐちゃん
・・・本当ですか!?
pruple さ~~~ん、とっても嬉しいです(*´ω`)
ありがとうございます!!

自分で「こう踊りたい!」っていう世界観は大切ですよね(^^)
それが目に目えて、耳に残って、心に残ってもらえれば
ダンサーとしては最高の幸せです(*´▽`*)
Meg 2016/11/01(Tue)22:27
Calendar
06 2018/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
[12/16 purple]
[11/01 purple]
[10/07 斎藤]
[07/02 purple]
[05/07 Tam]
Profile
HN:
Meg
性別:
女性
Birthday:
09/21
職業:
タップダンサー
Hobby:
     登山、スキー、グルメ、旅行、音楽鑑賞、PC、料理、Shopping            …まだあるな~(笑)
etc...
        → 詳しくはLinkの項より、
         別途運営するサイトを
         ご覧ください(^^)
Blog内検索
忍者ブログ [PR]