忍者ブログ
タップダンサー景山恵の気ままなページ。                            か な り 極論・自論・毒舌・過激、な文が飛び交いますが、     それでも読んでやるか!という方はご覧くださいまし。             コメントもお気軽に(^^)
[103]  [102]  [101]  [100]  [99]  [98]  [94]  [97]  [96]  [95]  [93
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

壁は本気でやらないとブチ当たらないもの。
なので私は素晴らしいことだと思いますが…ブチ当たった本人は辛いですよね。

よく、ろくに努力しないで、出来ないと 「スランプだ!」 と言う人もいますが、
そんなのは、スランプとは言いません(^_^;)単なる努力不足です(笑)

同じ間違えたとしても、傍から見て(タップを知らない人から見て)も
努力した上で出来ないのか、そうでなくて出来ていないのかはニュアンスで感じ取れるものなんです。

努力した人にとって「出来ていない」と感じるのは自分の中では大きなことでも、
見ている側に取っては、些細な事なんですよね、実は。


「スランプ」は心と肉体の不一致から起こるものです
 
「絶対に出来るはず!」 と思って取り組むと、出来ないときの反動がくるのです。
今、発表会で個人個人に振付しましたが、私は個人個人の技量や特徴に合った振付を
していますが、サラッと
100%上手く踊れるものにはしていなくて、
その人の得意なもの、持ち味を引き出しつつ、どこかしらニガテな部分を盛り込んでいます。

全然出来てないのに平気な顔してる人や、
ステップ自体は出来ているのに悩んでいる人、…色んな人がいます。

ニガテな箇所が出来るに越したことはないですが、結果論の 「出来る」 「出来ない」 ではなく、
「そのものに取り組む姿勢」 に見に来る人は感動するのだと思います。

それは、プロもアマもおなじだと思います。

「結局、出来なければ、出来ないとみなされるのでは?」
と思うかもしれませんが、なんかね、踊ったときに全てがにじみ出てくるんですよ、
その過程も努力の加減も取り組み方も。
なので、努力した上で出来ないことの弊害なんか、チッポケなものだと思うのです。

なので、焦らず、やるだけやったら、
「もうちょっと出来るはず!」 
という心は捨て、とにかく今の自分そのままを見てもらう、という感覚でいけば、
それが最高の演技になるのではないでしょうか。

スランプは努力している証拠。気持ちよく受け止めてください?!(笑)

…あ、努力してない人は気をつけて下さい、如実に現れますので(笑)

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Calendar
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
[12/16 purple]
[11/01 purple]
[10/07 斎藤]
[07/02 purple]
[05/07 Tam]
Profile
HN:
Meg
性別:
女性
Birthday:
09/21
職業:
タップダンサー
Hobby:
     登山、スキー、グルメ、旅行、音楽鑑賞、PC、料理、Shopping            …まだあるな~(笑)
etc...
        → 詳しくはLinkの項より、
         別途運営するサイトを
         ご覧ください(^^)
Blog内検索
忍者ブログ [PR]